アニメ・コミック

「屍鬼」アニメ化

そういえば、「屍鬼」のアニメ化がノイタミナ枠で決まりましたねー。昨夜PVが発表されました。
夏が楽しみです!

「屍鬼」(公式サイト)

公式サイト見てると、夏野視点で話が進みそうですが、どうなのでしょう。
とにかく徹ちゃんとのくだりをねっちりやってくれれば幸せです。いやあまり露骨に腐に走り過ぎないほうがいいですけど。

ニュースみたら、GACKTも桐敷正志郎役で声優出演するのか。へー。

フジリュー漫画は6巻まで読んだのですが、夏野の扱いが原作と変わり始めましたね。
早く7巻を読まなくては!
Siki7
屍鬼 7 (ジャンプコミックス)

| | Comments (57) | TrackBack (0)

ハートキャッチ絶望先生

ハートキャッチプリキュア、初回がワンフェスに重なって数日遅れで見たのですが、第二話はリアルタイムに見れました!やっぱいいわー。
おジャ魔女テイストもいいし、これまでの表面的な描写になりがちだったキャラクターの感情の機微が描かれている気がいたします。あと「らしくない」キャラの性格がいいですね。赤がおとなしく、青がエキセントリックという。
うちの小1娘は「色が逆じゃん」といってましたが、逆だと赤に人気が出ないですよ、と会社の人に言われて、なるほどと納得。これからの展開が楽しみ!

個人的にはメガネとおさげが大好物なので、赤の変身前が好きです。でも青の方が巷のお兄さんたちに人気が出そう。両方魅力的だと思います。と思っていたら、今回おどろいたことに、絶望先生が出てきて気になるキャラが早くも変更の兆し。プリキュアの世界にやってきた、メガネと袴姿の彼はいったいなんなんですか?公式ページにもまだキャラ紹介がないし。きーにーなーるーーーー

| | Comments (45) | TrackBack (0)

さんさん録など

最近読んだ漫画を列挙。

336
さんさん録 (双葉文庫名作シリーズ) (双葉文庫 こ 18-5 名作シリーズ)

こうの史代さんの作品。以前から買おうかどうしようかなーと迷っていたら文庫になったので、迷わずゲット。
妻に先立たれた参平さんが息子一家と同居することになり、妻の残した一冊のノートをもとに主夫として生きていく話。こう書くと地味といえば地味なんだけど、いいですよ。洗濯物の干し方とか生活レシピも実際役立つし!
でもとにかくこうのさんの描く女性がすばらしいので萌え死んだ。かわいく癒し系なんだけど芯は強そうな息子嫁、ツンデレな息子の取引先の女性、両方魅力的でふ!はーはー。

Terumae
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

会社の同僚の方にお借りしました。
古代ローマの建築技師ルシウスが風呂を通じて現代の日本に行き来できるようになってしまい、アイデア(風呂限定)をローマに持ち帰り好評を博す話。おもろい。生真面目なルシウスがとてもかわいい。。

Fantagy
ファンタジー、おじさんをつつむ。 (ビームコミックス)

しりあがり寿さんの短編集。疲れたサラリーマンたちがふとした拍子に異界に入っていくような話が多いです。
個人的に拍手貯金の話がよかった。

Kaminomizo7
神のみぞ知るセカイ 7 (少年サンデーコミックス)

いつもながらすばらしい。過去話が出てきましたね。

Bakuman6
バクマン。 6 (ジャンプコミックス)

病院で執筆話。いつもながらすばらしい。

Doraemonrenai
ドラえもん (恋愛編) (小学館コロコロ文庫)

突然ドラえもんが読みたい病になって。。
ほとんど小学生の頃読んだ話なんだけど、大人になって読むとまた味わいが違っていいですね。
ほかの巻も読んでみようかな~。

| | Comments (207) | TrackBack (0)

百人一首にはまる

学童で百人一首大会が開かれるそうで、小1娘が百人一首に興味をもちはじめた。やたー!日文の血がさわぐぜ。そういえば昔小学校かなんかで百人一首大会をやったとき、決まり字で札をとってたら、まわりの子に、ずるいとか下の句まで全部読んでからとれといわれて札をかくされたりしたかなしい思い出が……。

そんな思い出はわきに置いておいて、さっそく百人一首を購入。ついでに子供向けの漫画解説本ないかな~といろいろ本屋で見て、気に入ったこれを買ってみた。

Syougakuseino
小学生のまんが百人一首辞典

小学生向けなので、振り仮名ふってあるし、全部の漫画がカラーなので非常に記憶に残りやすい気がしますね。
百人一首のなりたちや遊び方も漫画で解説してあって親切設計。おすすめ。
最近はキャラもの(ドラえもんとかちびまる子ちゃんとか)の解説本も増えてるけど、キャラが主体になっちゃうのはちょっとどうかなーと思う。

ついでに前から気になっていた少女マンガ「ちはやふる」1,2巻を購入。
Tihaya1
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

Tihaya2
ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)

小学6年生のちはやが出会った転校生の新は百人一首競技かるたが特技。競技かるたと新に興味をもったちはやもかるたをはじめるが……。

競技かるたと小学生の組み合わせが斬新だなあ~ヒカルの碁みたいだなーと思いながら読みました。思ったことをすぐ言ってしまうちはやがちょっとアレだけど、新がかっこいい。続きが気になります。集めようかな。
決まり字でとるのが基本の競技かるたは、歌の内容なんかどうでもいい。みたいなところがあって、情緒がないわ~と思っていたら、2巻で出てきた新キャラが、まさにそういうところに問題意識をもっていて、歌の解説をしてくれたりして嬉しかったダス。

| | Comments (98) | TrackBack (0)

少女漫画アンソロジーを読む

最近アンソロジーものを買うことが多いのですが、これは当たりでした!
少女マンガの読切アンソロジーです。文庫になった中から抽出したものなんですが、ふだん少女マンガを買わない私的にはいいところだけまとめて読めてお得な感じ。作品の年代的にも古すぎず、今すぎず青春時代に読んだ作品というところでちょうどいい感じなのでは。

珠玉の名作アンソロジー 1 家族の情景 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 1)
萩尾望都、吉田秋生、田村由美ほか。「家族」について描いた傑作読切。
吉田秋生さんと西 炯子さんの作品はすでに持っててかぶってしまったのですが、なかなかよかったです。

珠玉の名作アンソロジー 2 出会いと別離 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 2)
吉野朔実、赤石路代、篠原千絵ほか。「出会いと別離」について描いた傑作読切。
こちらもよかった。
第三弾は出るのか?

| | Comments (36) | TrackBack (0)

とある家庭のひとこま

最近子供がはまっている番組が「めちゃモテ委員長」やら「とある科学の超電磁砲」などで、その結果非常に丁寧なしゃべり方が家庭内ではやっている。すばらしい。
(両方、主要な登場人物が「~ですわ」「~ですの」的しゃべりをする)
やっぱり子供はなんでもマネするから、アニメの言葉遣いは重要やね!

昨日はみんなで黒子ごっこをしていたら、上の子供が「私の子供の名前決めた。黒子にする!」と言い始めた。
その名前は現実的にどうなのか。というかすでに孫の名前が決まっているというのもどうなのか。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

偽書ゲッターロボダークネス

本屋でゲッターの文字にひかれて買ってしまった。。
だって、隼人に会えるかと思ったから。

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)
西川秀明さんという方が描かれています。他の作品を読んでいないのですが、描写が激しいですねー。やたら初代ゲッターの歌詞を彷彿とさせるセリフが出てくるのが面白かったです。「若い命が……真紅に燃えて……!」とか。
主人公の少年がリョウというのでちょっとどきどき。
結果的には隼人には会えませんでしたが、ハヤトに会えました。髪白いけど。切れっぷりが昔の隼人みたいでそこはよかったっす。ムサシも出てくるのですが、なぜか女子です(!)時代を感じるなー。

で、こっちを買うかどうか思案中。
Getterhien
ゲッターロボ飛焔~THE EARTH SUICIDE 1 (バーズコミックス)

こっちは定番の男三人で乗るゲッターだそうで。飛焔に搭乗はしないけど、隼人が出てくるみたいだし。うーん。悩む。

| | Comments (3117) | TrackBack (0)

日本人の知らない日本語

書店でよく平積みしていたので知ってはいたが、また日本語本か~と思って、スルーしていました。
たまたまシュリンクしてない店があって、ちょっと立ち読んでみたら面白い。思わず買ってしまった。

Nihonzinnosiranai
日本人の知らない日本語

別に日本語の乱れを嘆く本ではありません。
日本にある日本語教室の先生が出会う留学生たちとのやりとりが主体なのですが、この留学生たちのキャラがそれぞれ立っていて面白くてたまらん。任侠映画が好きなフランスの貴婦人とか、アラブのお金持ちとか。
日本語というものを媒介にして、各国の文化を知ることのできる貴重なエピソードが多いです。

第二弾もそろそろ出るらしいので、また買ってしまうかも。絵もかわいいし、毒がない。でも本好きとしては、もっとぎっちり活字が入ってるほうが好きだなあ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

この夏のおすすめ漫画たち

この夏はほしいコミックスが発刊ラッシュで嬉しい悲鳴なのですが、いっこずつ書くのに疲れたのでまとめ感想。

Nodame22
のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)

のだめのデビューコンサート!そして波乱。。
楽譜も何も描かれていないのに、音楽がページから聴こえてくるのがすごいと思った。もうすぐ終わりなのかな??終わらないでほしいわ。

Usagidrop6
うさぎドロップ 6 (Feelコミックス)

すっかりりんちゃんが主役の高校生ラブストーリーと化しております。今回はコウキとの仲に決着?がついたような。この話ではせつない、よりも幸せ、が読みたいので、なんとなく複雑な読後感でした。

Bakuman4
バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

相変わらずフルスロットル、ちょう面白いです。これ読むと毎回うずうずするよね!
本筋であるふたりの漫画(での成功)にかける情熱も熱いし、編集部のシステム暴露系も興味深いことの連続。声優界の内情や他の新人漫画家たちの行方も気になる~!

Mamaten2
ママはテンパリスト 2

安定感ある面白さ。
今回はうちの子男子じゃなくてよかった。とちょっと思った。

Kurage2
海月姫 2 (講談社コミックスキス)

この巻はお兄さんがかわいい。と友達が絶叫しておりました。
戦いに赴くには、ちゃんとした格好=武装をする。というのはよくわかります。悲しいけどここって三次元なのよね。二次元と三次元の橋渡しをしてくれるのが女装した美少年。そこに意味があるのかないのかはわかりません。

Kaminomizo5
神のみぞ知るセカイ 5 (少年サンデーコミックス)

こちらも安定感ある面白さ!先生の話よかったです。
桂馬はいいなあ。もうひとり男子出てきたら楽しいのに。(何をする気だ!)

| | Comments (44) | TrackBack (0)

今頃「マクロスF」にはまる

ようやくでかいTVを買ったので、それに耐えられる映像を。。と思いまして、録り溜めておいた「マクロスFRONTIER」を今頃になってちょっとずつ見始めました。(まだ5話までしかいってませんが)
すごい。気合はいってるっすね。金かかってますね。これ。そしてやっぱり菅野さんの歌はいいねえ。

マクロスFRONTIER 公式

正直ヒロインがかわいいと思えなくて見てなくてすまんかった。アルトくんの魅力を知らなかった。
とかいいながら、ずっとみているうちに、このヒロインたちもかわいくみえてくるのがマクロスマジック。

人気があるのは知っていたのに見てなかったなあ。。乗り遅れた感が。と思いましたが、これから秋に劇場版とかもあるのね。

劇場版 マクロスF 虚空歌姫

そしてこれまでのマクロスの歌姫(熱気バサラもいるが)勢ぞろいのこんなすごいライブが。

マクロスクロスオーバーライブ

うおー行きたいなあ。近いし。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧