« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

02月27日のココロ日記(BlogPet)

よい音を抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ヱビスビールが120周年だそうで

めでたい!ということでコネタマのヱビスお題に参加してみます!

実際、うちの冷蔵庫にはヱビスしか入ってないんですよ。
金と黒と緑と赤と、並んでいたりするととても幸せな気分になります。
さらに、単品で飲むだけでなく、金と黒をハーフ&ハーフで飲むのが一番好きです。

とか書いてるとなんかリッチな人と思われそうだな!
ちがうんです、少しで酔える人なんです。少ししか飲めないから絶対に美味しいものが飲みたいという心理。。なのです。
シルクエビスもまた飲みたい!


ブログネタ: ヱビスはうまさで120年!ヱビスへお祝いコメント大募集!参加数拍手

| | Comments (33) | TrackBack (0)

「屍鬼」アニメ化

そういえば、「屍鬼」のアニメ化がノイタミナ枠で決まりましたねー。昨夜PVが発表されました。
夏が楽しみです!

「屍鬼」(公式サイト)

公式サイト見てると、夏野視点で話が進みそうですが、どうなのでしょう。
とにかく徹ちゃんとのくだりをねっちりやってくれれば幸せです。いやあまり露骨に腐に走り過ぎないほうがいいですけど。

ニュースみたら、GACKTも桐敷正志郎役で声優出演するのか。へー。

フジリュー漫画は6巻まで読んだのですが、夏野の扱いが原作と変わり始めましたね。
早く7巻を読まなくては!
Siki7
屍鬼 7 (ジャンプコミックス)

| | Comments (57) | TrackBack (0)

懇談会は危険がいっぱい

小1娘の授業参観と懇談会に行ってきましたよ。なんだかんだいっても成長を感じるひと時ですね!

しかし今回は懇談会がやばかった。
グループでテーマを決めて親たちで話し合うのですが、私の入った班のテーマは「テレビ」。

「テレビって子供には見せてないわ~」(えっ)
「うちでは18時になると消すってルールなのよ」(ええっ!何もみれないじゃん)
「何も見せないのも話についていけないと思うからニュースは見せることにしているの。mariyaさんは?」
「う、うちはアニメばっかですよ~」
「あ、ドラえもんとか、サザエさんとか、ちびまるこちゃんとかありますもんね」(世間でのアニメの定義)
「いや、逆にそういうのは見せてないんですよ」
「まあ、いったい何を見せてらっしゃるの?」
「……(ハートキャッチプリキュアと、しゅごキャラパーティと、夢色パティシエールと、きるみんずぅと、ポケモンと、はなまる幼稚園と、ソラノヲトと、おまもりひまりと、とある科学の超電磁砲と、キディ・ガーランドと……)めちゃモテ委員長とか……」
「なんだか聞いたことがあるような気がしますわ。何曜日の何時からなんですの?」
「覚えてないんですけど、全部ブルーレイに予約録画なので、見たいときに勝手に呼び出してみちゃうんですのよ」
「まあ……ほほほほ」
「ほほほほ」(ひ、引いてる?)

マジやばかった。
教育熱心な地域にお住まいの方は気をつけてね!

| | Comments (28) | TrackBack (0)

02月17日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんのパソコンから、甘い音がします。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

団鬼六ブーム

団鬼六先生が最近ブログtwitterをはじめられていたのを発見したので、学生の頃「美少年」などなど読んで感銘を受けて以来の鬼六ブーム到来。

ブームといっても、「花と蛇」を読むと長すぎてそれだけで疲れそうなので、短めのものをセレクト。
Muzan1
無残花物語〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

Muzan2
無残花物語〈下〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

親の仇を討つため旅立った美貌の武家姉妹が逆に仇に捕われ。。という時代物。
女剣士ものが好きだったら超おススメ!

Nikukao1
肉の顔役 (上) (幻冬舎アウトロー文庫)

Nikukao2
肉の顔役 (下) (幻冬舎アウトロー文庫)

戦後、没落した華族の母娘のもとに、かつての使用人の運転手や女中が現れて、立場逆転とばかりに責め苛んでいく。。的な話。
著者の最高傑作ということですが、奥様と使用人たちの会話のループさかげんに読んでいて疲れてしまいました。こんなはずでは。
しかしアウトロー文庫の装丁はすごくいいですね。美しいですね。

Bisyounen
美少年 (新潮文庫)

やっぱり人に最初におススメするのはこの本だと思う。
短編だから疲れないし、そのわりに濃厚で、団先生の真髄がこの一冊でわかると思います!

Skamka
SかMか 体の闇がわかる本

ひたすらSとは、Mとは、と語りつづける団先生のエッセイ。人間を理解するには血液型ではなくSM型を知るべき、というのは名言。入社試験などもSM型を聞いたほうが職場がうまくいく、というのはなるほどと感銘をうけました。
でも100%のSとかMとかはそうはいないらしいです。自分のパーセンテージを知っておくのはいいかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハートキャッチ絶望先生

ハートキャッチプリキュア、初回がワンフェスに重なって数日遅れで見たのですが、第二話はリアルタイムに見れました!やっぱいいわー。
おジャ魔女テイストもいいし、これまでの表面的な描写になりがちだったキャラクターの感情の機微が描かれている気がいたします。あと「らしくない」キャラの性格がいいですね。赤がおとなしく、青がエキセントリックという。
うちの小1娘は「色が逆じゃん」といってましたが、逆だと赤に人気が出ないですよ、と会社の人に言われて、なるほどと納得。これからの展開が楽しみ!

個人的にはメガネとおさげが大好物なので、赤の変身前が好きです。でも青の方が巷のお兄さんたちに人気が出そう。両方魅力的だと思います。と思っていたら、今回おどろいたことに、絶望先生が出てきて気になるキャラが早くも変更の兆し。プリキュアの世界にやってきた、メガネと袴姿の彼はいったいなんなんですか?公式ページにもまだキャラ紹介がないし。きーにーなーるーーーー

| | Comments (45) | TrackBack (0)

02月09日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんが好きな物はコンサートっていうんですけど、そんなの売ってないですよぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペール・ギュントってどうなの

子供たちをオーケストラコンサートに連れて行った。つっても小中学生向けのやつですが。

最後の演目がグリーグの劇音楽「ペール・ギュント」だったのですが(「朝」だけは有名だから知ってました。。)、この戯曲のペールがひどすぎる。

パンフに載ってた話を要約すると、
ニートでへたれのペールという若者がいて、昔の恋人イングリッドの結婚式に出席するのですが、そこにいたソルベーグという内気でかわいい娘に一目ぼれ。誘ってみるものの、恥ずかしくて断られてしまい、やけになったペールは花嫁のイングリッドを強奪。しかしすぐ飽きて捨ててしまいます。
そこに人外のかわいい娘が現れ、実は魔王の娘だとわかると、結婚して魔王になろうと思ったペールは彼女を誘惑。しかし魔王や家来たちに追い回され、ソルベーグのもとへ。で、オレはしばらく旅に出るから帰りを待っててね!とソルベーグを待たせて放浪の旅へ。世界中を旅して大金持ちになったはいいが、また美女にだまされて全部財産を吸い取られてしまいます。
無一文の老人になったペールがやっとの思いでふるさとに着くと、ソルベーグがペールの帰りをずっと待っていました。長い間待たせてごめん!といいながら、ソルベーグの子守唄でペールは永遠の安らぎの眠りに……

なんじゃそれ!!!!身勝手さにもほどがあります。
こんなひどいのは「スクールデイズ」の誠くらいのもんだわ~と思いました。
ペール氏ねとか当時言われなかったのだろうか。

ペール・ギュント (wikipedia)

この戯曲を書いたイプセンといえば、「人形の家」の人じゃないですか?
なんでこのような。。と調べたら、いろいろと世間の価値観に挑戦する方だったみたい。

イプセン (wikipedia)

なんとなく、納得!

| | Comments (35) | TrackBack (0)

しにかるひすてりーあわー

最近の出来事。
休日、映画のランキングをTVでやっていたので、小1娘に話しかけたのですが、
私「オーシャンズ2位だよ。今なら子供500円だし今度一緒に見に行く?」
娘「面白いの?」
私「2位ってことは面白いんじゃない?」
娘「……安いから人気なんじゃないの」
私「んん……両方あるんじゃないかな」
娘「……」

いつのまにか私に似てかなりシニカルな性格になっていた娘。
どうしてこうなった。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

02月02日のココロ日記(BlogPet)

今日、買うしてたらまりやさんが近くにいる感じがしたんです。もう!覗きはらめぇ!ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »