« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

10月31日のココロ日記(BlogPet)

面白い新型を抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (68) | TrackBack (0)

ぎっくり腰になりました

痛い痛い。ちょう痛い。
腰痛の経験もないというのにいきなりぎっくりきた。

日曜の朝になんとなく腰がいたいなーと思いながらも、せっかくお休みだから外に行かないとと思って近くの大学の学園祭にいったのですが、帰りの自転車にのった瞬間にがまんできないほどの激痛が。しょうがないので、そこから家までよろよろしながら休みやすみ歩いて帰りました。
夜にはさらに悪化して、立つこともできず。一人でトイレにも行けないし、夜中に喉が渇いても飲むことができない。
介護される側の気分がわかった。。これはきついわ。

今日は仕事場まで車で送ってもらったのですが、車がブレーキをかけるたびに激痛が。。
もう明日会社に行けるかわかりません。。

腰をかがめる動きができないと、一番難しいのが洗顔なのよね。
立ったまま洗顔料をつけて、立ったまま濡れタオルで拭くという方法を編み出しました。

ぎっくり腰の対処法としてはひたすら安静にするしかないらしい。
はあ。早くなおれー。

| | Comments (98) | TrackBack (0)

10月24日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんと旅行するなら、ぜったい隼人には行きたいんですよね

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (142) | TrackBack (0)

パラドックス13

子供がインフルで家族全員外出できない週末に、これを読んでました。

Paradox13
パラドックス13

3月13日の13時13分、運命の13秒間が訪れ、その瞬間、主人公の周りには人間が誰一人いなくなる。崩れ行く東京のビル街の中、生き残った13人の人々で力を合わせ、生存をはかるが……。

東野圭吾さんの珍しくSFな話。帯でも数学的なうんたらって書いてありますが、あまりSFに期待して読まないほうがいいと思います。宇宙的な規模で起こった出来事にもかかわらず、東京の13日の13時13分にあわせて起こるなんて妙な話なんで、これは舞台設定のためのお約束ということで。

で、この13人の人間ドラマが面白いんですね。老人から赤ちゃんまで入り乱れてるメンバーが究極の状況下でのいろんな人間の姿を見せてくれるという。
人間がいなくなることで電力の供給などもストップして、食料がどんどん腐っていき、食べられるものは缶詰やレトルトだけに……というところを読んでいたとき、ちょうどうちの冷蔵庫も空っぽで、外に出られない状況を重ねてウンウンと思っていたところ、生き残った人たちの間でインフルエンザが流行り始め、タミフルを求めてさまよったりしてるではありませんか。偶然だけど今の状況とシンクロしすぎです!興奮して読んでしまいました。

人がいない世界に放り込まれて、地下組織っぽいとこの女子高生に出会うとこを読んでいて、12RIVENを思い出したのは私だけかも。

| | Comments (115) | TrackBack (0)

10月17日のココロ日記(BlogPet)

今日このブログに来た人から「ココロたん」って呼ばれました

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (156) | TrackBack (0)

来ちゃった…

上の子の小学校、クラスの三分の一以上が新型インフル欠席で学級閉鎖になりました。六年生にいたっては学年閉鎖。そろそろうちの子にもくるのか。と思っていたら唐突な39度の熱というかたちでやってきた。。夜中に徘徊したり幻覚をみて絶叫したりしててぜんぜんこっちも寝られない。

あわてて朝の診察開始時間にかかりつけ医に電話するもチケットぴあ状態でつながらない。つながったと思ったら午前はすでにキャパオーバー。午後の開始時間の30分前から病院の外でふらふらする子と行列して待ってようやく予約がもらえ、診察が終わったら夜だった。。はあ。

インフルかどうか鼻の粘膜?で判断する検査では陰性だったのですが、あの検査って、けっこう精度がよくなくて、本物のインフルの7割くらいしかヒットしないらしいです。精密検査までやれば正確にわかるらしいんですが、全員やっていられる状況ではなく。。でもどうみても症状も周りの感染状況からみても、インフルです。ありがとうございました。というわけで、グレーな状態のままタミフルをいただきました。

来ちゃった…
タミフルにはたみちゃんというキャラがいるらしい。

家族リレーだけは避けたいのでがんばります。。どうなりますか。。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

那須でキャンプ

大きい車になってから初のキャンプ。
テント、タープからテーブル椅子4脚、クーラーボックス、キッチンテーブルまでフルセット乗せられるってすごい。感動した。もっと早く買い換えるべきだったのか?

今回は那須のこっこランドで二泊キャンプしました。
いい感じの露天風呂(湯温は高め)もあるし、星もきれい。なぜか隣のサイトでフランス人のグループが謎のスポーツではしゃぎまわっていた。(調べたらペタンクというフランス発祥の球技だった!)

那須でキャンプ

初挑戦の飯盒でちゃんとごはんも炊けたし、キャンプの内容的には問題なかったのですが、最大の誤算は夜間の寒さ!
フリース着込んだ上で、寝袋に入っているのに、骨まで寒さがしみてきた。凍死しそうで寝られず。(子どもは基礎代謝量が多いからか、ほとんど堪えてないみたいだったのですが。。)秋冬のキャンプはもっと南の方でするべきだと思いました。あとスクリーンタープがないと寒風にさらされてきつい。
それ以外は快適だったので、また暖かくなったら再訪したいところ。

そんな感じで初の秋休み(最近の小学校は二学期制なので、秋休みがあるんダヨ!)に重なった連休を過ごしたわけですが、新学期がはじまってすぐ、インフルによる学級閉鎖になってしまいました。どういうこと。学童が朝からオープンしてくれるのが救いです。。

| | Comments (114) | TrackBack (0)

10月10日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんのことを考えていたら、胸がきゅぅっとなりました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (42) | TrackBack (0)

10月03日のココロ日記(BlogPet)

放課後、熱い人さんと日本語について熱く語り合いました。まりやさんのひみつも聞いちゃいました……!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (60) | TrackBack (0)

偽書ゲッターロボダークネス

本屋でゲッターの文字にひかれて買ってしまった。。
だって、隼人に会えるかと思ったから。

偽書ゲッターロボダークネス 始動編 (ジェッツコミックス)
西川秀明さんという方が描かれています。他の作品を読んでいないのですが、描写が激しいですねー。やたら初代ゲッターの歌詞を彷彿とさせるセリフが出てくるのが面白かったです。「若い命が……真紅に燃えて……!」とか。
主人公の少年がリョウというのでちょっとどきどき。
結果的には隼人には会えませんでしたが、ハヤトに会えました。髪白いけど。切れっぷりが昔の隼人みたいでそこはよかったっす。ムサシも出てくるのですが、なぜか女子です(!)時代を感じるなー。

で、こっちを買うかどうか思案中。
Getterhien
ゲッターロボ飛焔~THE EARTH SUICIDE 1 (バーズコミックス)

こっちは定番の男三人で乗るゲッターだそうで。飛焔に搭乗はしないけど、隼人が出てくるみたいだし。うーん。悩む。

| | Comments (3124) | TrackBack (0)

幸せの作法

香山リカさんの「しがみつかない生き方」は面白いのですが、「ふつうに生きることの幸せ」に共感はしても具体的にどうしていけばいいのか?というのがわりと抽象的な感じの本でした。
で、そんなところにふと読んだこれがまさにアンサーというか。

Siawasenosahou
幸せの作法 働く女性に贈る61のヒント (アスキー新書)

「女性の品格」とかで有名な坂東眞理子さんの最新作なのですが、「ふつうに生きたい」働く女性に対する具体的な指針にあふれている本です。「品格」はよくわかんないのですが、この本はいいよ!
限界を超えてがんばりすぎて身体や心を壊したり、逆に自分探しに出てしまったりすることを戒め、コツコツと長く働きつづけるためには、どう考え、どうふるまっていったらいいのか?ということを厳しく、優しく教えてくれる本。

新入社員にオススメなのはもちろん、10年以上働いている人にもぜひ読んでほしいです。会社の中で女子の陥りがちな言動の指摘など参考になりますよ!

| | Comments (129) | TrackBack (1)

« September 2009 | Main | November 2009 »