« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

機織り

そろそろGWですね。。仕事のほかは、両家の親に会う(しかも来てもらう。。)かママ友に会うぐらいの予定しかない。千葉から一歩も出ないので豚インフルも関係ないぜ!なGW。

だからといって子どもを遊ばせないのもあれなんで、久々アンデルセン公園にいってきました。
ここは景色がきれいなので好きです。水遊びあり、アスレチックあり、湖あり巨大な風車ありで一日楽しめます。冬は寒いけど、気候のいい季節は最高なので、お近くの方はぜひ。
しかし、うちの娘が好きなのは、工房系の子ども美術館
その中でも機織がブームで行くたびにやってる。。
機織り
なんとなく鶴の恩返しを思い出しながら様子をみていたのですが、無心で機を動かすのってけっこう面白そう。家にあったらはまるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月29日のココロ日記(BlogPet)

オオオオォォォォォォ-関係が好きなまりやさん!かわいいですね♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話

聖闘士星矢の新作を車田先生と違う人が書いているのは知っていたのですが、生粋のマサミスト的には車田以外の星矢とかありえんじゃろと思って避けておりました。。
そしたらある人が「老師がイケメンですよ」と。
なん……だと?

Seiyalc
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 1 (少年チャンピオン・コミックス)

思わず買っちゃったよ!もー。
本当だ……老師がイケメン。。この顔が時がたつとヨーダみたいになるのかよ!
時は残酷ね。

老師はおいといて、とにかくイケメン祭りなので、目の保養になること間違いないですよ。
時間軸が、本家聖闘士星矢の過去の世代の話なので、本家の人たちはほとんど出てこないけど、なんか世襲?みたいに同じ星座の聖闘士は過去の人も似たような顔してます。そういう意味でも楽しめますよ。
あと好印象なのが、車田漫画へのリスペクトが随所に感じられること。愛です!

ストーリーとしては、ペガサスの主人公、天馬が立ち向かう最強の敵、ハーデスが彼の親友だったという、うお、なにこれデビルマ(ry
とにかく萌える展開なので、次巻からも集めようと誓ったのだった。

そういえば柿原徹也さん主役で6月にOAV化なのよね。
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話オフィシャルサイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04月21日のココロ日記(BlogPet)

変化、角川のごとし……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ながい閣下新作決定!!

マイフェイバリット漫画家のながいけん閣下の新連載が決定したらしいのじゃよー!
5月12日創刊の月刊少年サンデーにて連載開始ですよ?
やったーーー!ようやく閣下に蜜あふるる約束の地が。。

ながい新作タイトル決定&これがモテモテ王国新表紙

ん?「モテモテ王国」新装版コミックス発売……しかも未収録分も収録……じゃと?
ギャワーーー!つい最近、オンデマンドで1050円出して未収録版コミックスを買ったワシの立場はどうなるんじゃよー!

ハ!これはお布施。。お布施ですね!
われわれの熱い思いが、閣下の新連載を生み出したのですね!うう。。
とりあえず全力で応援させていただきます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いまどき小学校事情

上の子が小学校に入学してから10日。環境が変化しすぎて倒れそうになっていました。。いやー育休明けのときに匹敵するパニックぶり。小学校と学童と保育所の3箇所の大量の準備品だの大量の提出物だの。連絡ノートは3つになるし、送迎は二ヶ所になるし。学童の役員にもなっちゃったし。給食がはじまったのでようやく弁当作りからは解放されましたが。。
しかも4月はやたら行事が多いんだよにゃー。入学式、説明会、授業参観、懇談会、家庭訪問と学校関連の行事はすべて平日だし、習い事送迎や役員会で休日もつぶれるし。ふひぃ

と大変なことをいろいろ書きましたが、今の小学校は昔と違うところが多くて、いろいろ面白いにゃー。と思うこともありまして。今小学生が近くにいる人は当たり前かもしれないけど、私は数十年ぶりに接する小学校だからかなりカルチャーショック。

いちばんびっくりしたのが教科書。
・全教科A4、フルカラー
・内容が文字より絵や写真の方が多いのでぶっちゃけ読むところがない
・とにかく薄い。全教科あわせて積んでも2センチいかない。
教科書が配られるととりあえず一読するのが趣味だったわたしでも読む気がしなかった。中身が薄すぎて。
これが。。ゆとり!(現在段階的廃止中だが。。)

あとは男女差がなくなったところかなあ。
・ランドセルの色は自由
・体操着も男女いっしょ(ブルマは絶滅したのですよ!)
・出席番号は男女混合。出席をとるときは「くん」廃止。全員「さん」
・まだ1年生はないけど、たぶん家庭科とかも男女関係なくやると思われる

あとは安全面にすごい気を使っているところも。
・名札は学校においておくことを義務付けられている。外につけて出ちゃだめ。
・忘れ物は絶対取りに戻っちゃだめ
・保護者はあらかじめ登録しておいた保護者のカードをもって学校の受付に行かないと入れてもらえない
・防犯ブザーは全員に配布される

これからもいろいろあるんだろうな、カルチャーショック。おもしろいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女ですもの

事実婚など、既成の概念にとらわれない夫婦関係を築かれている内田春菊さんとよしもとばななさんの結婚や子供や家族についての対談。

Onnadesumono
女ですもの (ポプラ文庫)

女の人生ならではの話が多いので、井戸端会議的に楽しめる一冊。
まあとにかくお二人とも、フリーダムすぎるので、保守的な人にはきびしいですな。ふたりの著作が好きな人なら裏側がのぞけるので、ファンアイテムとしてはけっこう面白いかも。

興味深かったところとしては……。
子供が一人っ子だと家の中で大人が主導権を握り、二人以上だと子供中心のライフスタイルになるのは何故か?子供の数で変わるのは、多数決の論理だから。(1対2が2対2、3対2に……ってなると、子供の方が多いので、子供中心になる)という部分が、個人的には「へーっ!」という発見で面白かった。
子供がいる女子は気になるところが多いので、読んでみるといいと思うよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

臓物大展覧会

小林泰三の文庫新刊が出ていたので早速購入。

Zoumotu
臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)

プロローグを読んで、あまりのグロ描写に通勤電車の中で思わず吐きそうに。
あーーきたなぁーーーって感じです。

グロ&SF&ホラー短編集がプロローグとエピローグではさまれている、世にも奇妙な臓物物語って感じですか。臓物ちゃんとでてこないのもある気がするけど。

人にすすめると人格疑われそうなのでこれはあえて勧めない。でも小林泰三ファンは買えばいいと思うよ!面白いよ!いつもながら容赦ない展開と半端ない狂気が楽しめますよ!
しかしこの人特撮好きなんだなあ。。地球防衛軍ぽい人たちが出てくる短編のひとつを読んで、「ΑΩ(アルファ・オメガ)」を思い出しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月14日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甲児くんのかわいさは異常

真マジンガー」2話目。観ましたよー。予想通り、事実上の第1話でしたね。

あいかわらず最初から最後までクライマックスな展開だなあと思いながらみていたわけですが、まあそんなことよりも今回は兜甲児くんの殺人的なキュートさにしてやられましたよ!
瀕死の甲児くんの色っぽさ、エプロン姿で朝食をふるまう甲児くんのかわいさは異常!嫁にいかないでくれと願うおじいちゃんの気持ちわかるよ!(ていうか誰の嫁にいくんだよ!)
ガクラン姿で悪魔のようになる甲児くんも素敵だし、もうこれは今後一話たりとも見逃せないね。

見逃してしまったあなた!放映日の夜0時から、一週間限定のネット配信もあるんですよ。
バンダイチャンネルもしくはあにてれで!甲児くんの魅力にしびれてください。

コミックスもちゃんと集めないと。文庫で途中まではもってたんだけど。。ハフハフ。ハフハフ。(落ち着け)
マジンガーZ (1) (中公文庫―コミック版)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春にして君を離れ

春だからというわけでもないですが、なにかで気になってチェックしておいたこの本を読みました。

Harunisite
春にして君を離れ

アガサ・クリスティの小説です。
だからといって推理小説ではありませんよ。

理想の家庭を築き上げたことに自負を感じているあるイギリス婦人の話。旅行中に荒野のようなところで何日も足止めをくらい、退屈をもてあます彼女。そのうち読む本もつき、想念は自分の中にだんだんと沈んでいく。ちらちらと幸せの向こうに見え隠れするものが見える。それについて考えてはだめ!

自分探しをはじめたら、とっても怖くなってしまった、という話。
といってもホラーではなく、現実に即したなにか。です。
親子関係や夫婦関係に興味のある方、問題を感じている方、ぜひ一度ご一読をおすすめします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月07日のココロ日記(BlogPet)

明日のお弁当は手ごね上でいいですか?あっ、答えは聞いてませんよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「真マジンガー」はじまりましたね

そういえば、「真マジンガー」はじまりましたね!
今川監督パワー全開で早速わけわかめな展開に!1話なのに、いきなり最終回ぽい展開で、強大すぎる敵が次々と怒涛のように現れ、満身創痍の主人公サイド、そして「みんないくぜ!」的台詞で終わる。。と。それってどうみても打ち切り最終回のお約束展開!これはねらってますね。ぜったい。。

ところで、怒涛の敵の一部がどうみても「魔王ダンテ」だった気がするのは私の気のせいでしょうか。
なんつーかすごいな。。と思って公式サイトを観にいってみたら、永井豪先生のインタビューがニフティで掲載中って書いてあるんですけど。なんぞそれ。知らなかった。うぅ、くやしい。。

永井豪先生「真マジンガー衝撃!Z編」インタビュー
先生のお言葉「今回のアニメでは、「バイオレンスジャック」の黄金都市編とスラムキング編からのキャラクターの出演が多いわけですが(中略)他にもマジンガーの世界観に馴染めそうなキャラクターがありましたら、バンバン出して欲しいですね。何を使ってもOKですよ。」
な、なんだってーー!こうなったら竜馬と門土出すしかないじゃないすか!黄金都市編っつったらこのふたりをおいてほかにありませんよ!ふたりでウフフアハハといちゃつきながらも、一時も油断ならない殺伐とした展開をお願いします!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

年末から超楽しみにしていた映画「プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」を観にいきましたよ。。
つーかなんだこのバンク祭り!私の高まった期待を返して、返してよーー!

開始5分でいきなり戦闘開始。フレッシュプリキュアからはじまり、14人が次々と変身するシーンが続き。。もちろん全部バンクです。そして14人の必殺技が続き。。もちろん全部バンクです。
で、中盤からいろんな敵がいっしょくたになった巨大な敵があらわれ。で、また14人が次々と変身するシーンが(ry
でもって14人の超必殺技が次々と(ry
もーーーええわ!

ぶっちゃけストーリーがないんよね!14人が共通の敵と戦いました。おわり。みたいな。
これにくらべると「お菓子の国のハッピーバースデイ」は名作だったなあ。
14人活躍させるのが大変なのはわかるけどさーー。上映時間の8割が戦闘シーンって、マジでそれは女子は求めてないと思うよ。どっちかというと、14人の交流を見せるだけでいい、ぜんぜん戦わなくてもいいくらいだよ。。ほかのプリキュアたちとしゃべっている内容が全部、パンパカパンのパンがおいしいとかタコカフェのたこやきがおいしいとかナッツハウスのアクセサリーがすてきとか、ほんとどうでもいいスイーツな内容で泣きそう。しかも集団対集団で、まったく個人の交流らしいところが感じられない。

バンク以外のシーンがまた、作画はバンク以下だし、 話はつまらんし。。一番面白かったのは、小動物が集まってミラクルライトの説明をするところだけだったな。あ、あと、最後のダンスコンテストのシーンで増子美香が群集にいたところだけはうれしかった。。あとはほのかに会えたことくらいでしょうか。やはり初代が一番戦闘が面白いよね。キャラの体重が感じられるっていうか。最近のプリキュアは洗練された動きというか、武器ぽいアイテム盛りだくさんで、戦闘らしさが感じられないっつか。。

そして終わった後に、フレッシュプリキュアの映画の予告が!その内容がなんだったかというと、フレッシュプリキュアの3人の変身シーン(もちろんバンク)のみ!な、なめんなーーーー!うおおぉぉおおおお
あまりにも怒り心頭でつかれたのでおわる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

めちゃモテ委員長

「きらりんレボリューション」が終わってやれやれと思っていたら、今度は新番組の「極上!めちゃモテ委員長」がみたいと子供に言われて録画することに。。
きらりんと同じく3DCGで動きがキモチワルイのですが、きらりん以上にキモチワルイのが内容だった件。

「めちゃモテ委員長」とみんなに呼ばれる(この時点ですでに???)主人公の女子なのですが、かわいくて優秀、という設定で、常に誰に対しても「~ですわ」という丁寧な言葉遣いでしゃべります。まあ、それはいい。
彼女がスカウトされる「プリンセスクラブ」という組織が略称「プリクラ」と呼ばれるのも、問題児なのにめちゃめちゃモテる男子三人組が「MM3」と呼ばれているのも、ペットの名前が「テモテモ」なのも腹筋よじれそうだけどいい。

問題は、この主人公がモテ至上主義かつ超鼻持ちならない性格であることで。。
「私がかわいいのも優秀なのもわかってますわ!」とか自分で叫んでみたり。クラスメートのガン黒ギャルを「プリクラ」の皆さんが「原石は磨けば光るけど、石ころは光らない」とぼかしつつ揶揄したところ、主人公が「ガン黒ギャルさんだってモテます!石ころだって磨けば光ります!そんな見下したようなことを言わないでください」と。。思いっきり石ころ扱いして見下してるのはアンタじゃ……!

こんなリア充で腹黒いヒロインを毎週見せられると思うと。。うっうっ。

ちがうのよー!委員長っていうのは、そんなガツガツしたキャラじゃなくて、恋愛とかには興味なくて、おしゃれとかもそんなに興味なくて、マジメで一生懸命なキャラであるべきなの!さらにめがねかけてたら言うことないね!
(心の叫び)

同じモテモテなら「神聖モテモテ王国」の方が一千万倍面白いよ!絶対読んでもモテないけど。。そういえばとうとう幻の7巻(未単行本化作品のみを収録したやつ)をコミックパークで注文してしまいましたよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒岩よしひろ先生が!

きゃほー!黒岩よしひろ先生が、ココログの有名人ブログで紹介されてますよ!
先生の自画像がかわいいんですけど。。!

黒岩先生といえば、私の中では昔ジャンプでやってた「サスケ忍伝」なのですよ!
とにかく女の子が顔もスタイルもかわいくてかわいくて。あぁ、美琴たんのかわいさをもう一度。。と思って探したけど、どこにもあの頃の絵が見つからない。残念。
たぶん、今萌え系の絵が好きな人は幼少期の思い出になっているハズ。絶対。

最近では、いきなり廃刊になっちゃった「コミックガンボ」で女の子のお笑いコンビの話「ステージガールズ」を描いてらっしゃいましたね。ぶっちゃけガンボで楽しみに読んでたのは「ステージガールズ」だけでしたよ!
この機会にコミックス買おうかな。
絵柄は変わっても、女の子のキュートさかげんは変わりませんね!

Stagegirl1
ステージガールズ 1 完全版 おかしな二人篇 (1) (産経コミック)

Stagegirl2
ステージガールズ 2 完全版 コーラスライン篇 (2) (産経コミック)

| | Comments (20) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »