« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

子どもの脳と仮想世界

教育関係で面白かった本2冊。

Kodomono
子どもの脳と仮想世界―教室から見えるデジタルっ子の今

TV、ビデオ、ゲーム、パソコン、携帯、携帯ゲーム、ipod……年を追うごとに加速度的に情報機器が増えていき、それにつれて、その時代の子供から落ち着きが失われていく、というのは同感かも。
大人でも自制心がないとついつい情報機器に振り回されてしまいますからね。こういうものとの接し方は、脳の発達する小さい頃は特に親がセーブ&コントロールすべきだなと思います。まあ、こーゆーのを与えておいたほうが親的には便利なんですけどね。。自重自重。

しかしデジモノも使い方によっては教育的に素敵な効果があったりしますし、そんな光と影的なエピソードがいろいろ読めるのも読み物的には面白かったです。

Kouritukouno
公立校の逆襲 いい学校を作る!

こちらは、民間のビジネスマン出身の校長がどのように公立中学校を変えていったかという学校運営の話。
予算がどう使われているのかなどの学校運営の裏側が見えて面白いですね。
校長や教頭のお仕事ってどんなことなのか?もわかります。
「よのなか」科の授業も興味深いことがいっぱいです。授業受けたい。

「公立」は「官立」ではない、地域みんなで作っていく学校なのだ、というところにもおお。と思った。ちょうど父母会のない保育所で本意でない保育を受けているという話をお友達から聞いたところなので、保護者がお客さんでなく、自ら参加していくことで色々と変わるものもあるのかも、と思ったり。大変だけど。

著者である藤原校長のこの挨拶にはちょっと感動した。忘れないように大意をメモメモ。
「生徒、教職員、親、地域の人がひとり一年にひとつずつ、よいことをする。小さいことでもかまわない。300人以上の人がひとつずつ何かをすれば、卒業までに学校が1000箇所も変わる。1000箇所変わってよくならないものはない」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月29日のココロ日記(BlogPet)

今日はデカとラヴの煮物が上手くできました!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

清涼院流水のラノベを読む

清涼院流水がちょっと読んでみたくなり。でもいきなり長いのは好みに合わなかった場合につらいな。と思って読みきりのラノベ系をセレクトしてみました。

Tokumade
とくまでやる

ビデオ屋店員の特馬が女子高の連続自殺事件を追う。
2ページで1日が進むしかけ。で、2ページにつきひとり、人が死んでいくという。。こういう縛りがあるのはわりと好きなんですけど。でもそれ以上になにか訴えるものがなく、さらっと終了。犯人当ては難しかった。

ちなみに縛りのある実験小説でいうと、筒井康隆の「残像に口紅を」とかが好きです。これは1話に一文字ずつ使える文字が消えていくもの。最後の方は大変なことに。

Kyaranetto
キャラねっと 完全版―愛$探偵ノベル

子供しか登録できないネット上の仮想の学校で起こる、キャラ消失事件。犯人は誰なのか。目的は何なのか?キャラを消された主人公「池丸大王」が「池丸大王2」として復活し、美少女キャラ「神宮べる」と捜査を始める!
普通にネットゲー小説として読んでしまいましたが、これが書かれた当時はそういうネットゲームはほとんどなかったらしいので、そういう意味では先見の明があるのかも。こっちはけっこう面白かったが、物語の深みみたいなものはないかも。ちなみに知らずに購入したのですが、イラストがささむー先生で激しく萌えた。

手軽にラノベ系をセレクトしたのがいかんかったのか、イマイチ言葉遊び以外での清涼院流水の面白さがわからなかった。。なんかオススメのタイトルがある方は教えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月22日のココロ日記(BlogPet)

あ……、あれぇぇぇ。まりやさんの服のボタンが取れてたから縫ってあげようと思ったのに糸が針にとおらないですぅ~……アセアセ

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

増子美香復活!

いつも家事の片手間に見ていたので今回は久々に腰をすえてみました。プリキュア5gogo!。
みるく…じゃなかったくるみの正体はいつわかるのか。何週もひっぱりすぎじゃ!!
でも人間の女子同士でココ争奪戦になるのはちょっとドラマ的にいいかも。少女マンガぽくて。

ってそんなことを書きたかったのではなく。今回特筆すべきは

増子美香復活!!

おめでとうございます!
「続けて読むとーマスコミか!」とちゃんとキメ台詞もありましたし。(人に言われちゃいましたが)
やっぱり増子美香がプリキュアの中でいちばんカワイイよ。うん。
(っていうかプリキュアじゃないし)
久々の登場で、ちょっとだけ大人っぽい顔になってた気もします。
タコにつかまった増子美香たんの話を脳内妄想展開中。

どうでもいいことですが、私のブログの検索ワードの歴代ダントツ1位は増子美香です。。
(1回しか記事書いてない気もするんだけど)みんなそれだけ増子美香たんのことを待ち望んでいたんじゃなー!わかるぞ、その気持ち。
前回のエンドカードの予告カットからドキドキして待っていたのは私だけじゃない!と思いたい。次回からまた忘れ去られませんように……。

つか、このスレまだあったのか!!1年たつのにまだ現役とは。。
【プリキュア5】増子美香ちゃんスレ【マスコミか!】

| | Comments (17) | TrackBack (0)

とりあえず経過観察

昼間の血圧の高さにおののいて病院にいった件ですが、今日血液検査の結果を聞いたところ、甲状腺などの病気によるものではないとわかりました。とりあえずは経過観察と。よかったです。。

起床時血圧(夜寝てる間の血圧。一番低い)も二週間毎日測った結果150/100くらいで、まあこのくらいなら薬も大丈夫でしょう。(常時朝に160を超えたら投薬対象らしい)
昼間のストレスで180前後に上がっていても、夜中に下がっているならば身体に問題は起きないと。ただ昼でも200を超えるとあぶないということでした。気をつけよう。(ってどう気をつけるんだ)

てなわけで、若くして高血圧気味の方、薬っていつから飲まなきゃなの?と思っている方のなにか参考になれば~的情報でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04月15日のココロ日記(BlogPet)

面白い友達には読む本能があるそうです。教科書に書いてありました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ALL YOU NEED IS KILL

この本に紹介されているゲームや小説、かなり読みたくなるもの多数なわけですが、まずはこれから。

Allyouneediskill
ALL YOU NEED IS KILL

気がつくと戦場(おそらくは房総半島沖の島)にいて、人類の敵と戦っている主人公。戦死したと思った瞬間、前日に戻っている……。繰り返される戦闘、死、そして前日の自分。どんな行動をとっても死が避けられないとわかった瞬間、主人公は新しい試みを始める。

多少ゲームをやりこんだことがあるならこの設定にはハマるはず。ループする世界は何度でもコンティニューされるゲームの世界を彷彿とさせますから。
へたれな主人公がだんだん強くなっていくさま、そして常人を超えた強さを発揮するヒロインとの交流。踊るように敵を倒す英雄。なにかを思い出す……ってガンパレード・マーチですがな!ヒロインのリタは、芝村舞となんだか喋り方もかぶってるのが更にその妄想をふくらませてくれます。まあ「ALL YOU...」と「ガンパレ」は実際はまったく異なる話なので、別の驚きと感動を与えてくれるのは間違いない。
というわけで、ゲーム好きならよろしければ読んでみて!!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

04月08日のココロ日記(BlogPet)

今週のブログ妖精界でのヒットソングは「自宅のラブソング」みたいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12Riven余波あれこれ

クリアしました「12Riven」。というのをずっと書こうと思っていたのですが、自宅パソコンが1ヶ月くらい死んでいたので、なかなか落ち着いてかけず。

いやー。面白かったです。自分の予想や推理がいつも最後で思いもかけない方向に覆されるのが、もはやこのシリーズの快感といってもいい!
今回はちゃんと話にも決着がついているので「R11」がダメだった人にも大丈夫ですよー。しかし今回は仕掛けがけっこう難しい。理性的には納得できているのですが、まだ自分の中で消化しきれてない、みたいな。図解してくれてるサイトとかないかいな。

ゲームが終わってしまった心の隙間を埋めるべく、「12Rivenビジュアルガイドブック」を購入。脚本、音楽、監督、イラストレーターさんたちのインタビューが読めるのがよいです。
12RiVEN-the Ψcliminal of integ (JIVE FAN BOOK SERIES)

ついでに、「Ever17」の仕掛けに言及していることに気づき、東 浩紀氏の本を購入。
Gameteki
ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2

後半のメタフィクション的ゲーム、小説等の評論が特に面白かった。
『All You Need Is Kill』『ONE』『Ever17』『ひぐらしのなく頃に』『九十九十九』などの構造をひもとく=ネタばれ満載なので、まだやってないものが多い方は回避しながら読むのがオススメかも?
やっぱりメタものが好きなんだな私、というのを再確認しました。「九十九十九」はぜひ読まなくては。
Tukumozyuku
九十九十九

ビジュアルガイドブック掲載のインタビューで知ったのですが、infinityシリーズの音楽は、ゴブリンというアーティストのサウンドを意識して発注されているらしい。
というわけで、このアルバムがちょっと気になっています。どうなんですかね。どこかで聞けるといいですけど。
Goblin
ベスト&ライヴ

| | Comments (3) | TrackBack (2)

187/118

昨日何気なく血圧を測ったら、187/118だった昼下がり。
なんですか、この数字。一気に目が覚めました。

5年くらい前から境界線高血圧150/90くらいをうろうろしていたのは自覚しているのですが、この数値は異常。中間をとびこして、重症高血圧の数値なんです。
最近やたら動悸がしたり、めまいがしたり、頭痛がしたり、全力で走った後に気を失ったりしていたのは、ぜんぶこれのせいだったんだね!!よかった。謎がとけて(よくない)

最近になっていきなり血圧が上がった理由はなんなのかわからないのですが、心当たりとしては

・公私ともに人間関係のストレスが上昇中
・2008年で手帳が変わったのを契機にレコーディングダイエットをストップ(体重増加)
・自宅のパソコンが壊れて子供の写真データがすべてふっとんだストレス(データ救出依頼→一応成功)
・残業日は夜中の12時から夕食開始
・コーヒー以外の水分をとっていない
・2年間祈りながら待っていたゲームが手に入った
・隼人のハンコが手に入った

……心当たりがありすぎました。
降圧剤のお世話にはまだなりたくないのですが、今度病院に行ってきます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

04月01日のココロ日記(BlogPet)

昨日は、なんだかつかれちゃいました。まりやさんがほしいから……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »