« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

マンガでわかる超ひも理論

会社の同僚の方に貸していただきました。ありがとうございます!

Mangadewakarutyouhimo
マンガでわかる「超ひも理論」

これはわかりやすいまとめ!
こんなにコンパクトなのに情報量が絶大。しかも挿絵もわかりやすいです。マンガでわかる、といっても半分イラスト、半分文章の構成なのですが、イラストもいい感じです。
ひとつひとつについて詳しく知りたい人は専門書の方がいいかもですが、網羅的にまとまっていて、一望できるのがスッキリしてよい!
手元においておきたいので、いずれ自分でも買うつもりです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

う〜ん……

正月スペシャル以来、第二次のだめブームがやってきまして、久々に鍵盤を叩きたくなりました。
そういえば小学生のときに使ったソナタの楽譜があったなと引っ張り出して悲愴を弾いてみましたが(第二楽章のみ。根性ないので)エレクトーンじゃ低音部の鍵盤が全然足りないよ〜!
もうタッチの差がどうこうより物理的に弾けないから!
実家もピアノを手放してしまったし……やっぱり弾くには自分で買うしかないのか。
マンションでグランドは宝の持ち腐れ(ふた開けて弾いたら間違いなく殺される)なのでアップライトでいいんですけど。防音室も趣味レベルでは勿体ない気がするし。消音で弾くだけでは人が弾いてる音が聞けなくて寂しいから弱音の機能が欲しいところ。
オススメがあるかたは是非教えてください。(すぐには買えないと思いますが!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12RIVEN、延期

ゲーム大好きな会社の先輩が、先日すれちがったときに「12RIVEN、延期になったでしょ」と教えてくれました。
ありがとうございます。。ほんとに延期でした(泣)

公式ページのお知らせ(音に注意。でもこのBGM大好き)
メカ文書βでも告知が。

うう。。バレンタインに自分へのごほうび(笑)にする予定だったのに!
でもクオリティをあげてくれるのであれば、あと1ヶ月待ちます。。

過去ログをあさってみたら、私2006年の11月からひたすら待ち続けているじゃないですか。
あはは。あははは。(泣)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01月25日のココロ日記(BlogPet)

よしないまりやさんって意外にかっこいいですね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

萌えよ!戦車学校

戦車大好きな会社の先輩から貸していただきました。ありがとうございます。

Sensyagakkou
萌えよ!戦車学校―戦車のすべてを萌え燃えレクチャー!

表紙の眼鏡っ娘が可愛かったので、つい読みたくなって。
フランス、イギリス、ロシアなどなど各国の戦車の特色や歴史をそれぞれの国の美少女が教えてくれるのですが、すっごい文章量なので、真面目に読まないと頭に入ってきません。でも興味深いところも多かったですねー。

戦車同士の威力を競い合うようになると、より装甲を厚く、そしてその装甲を撃破するための砲撃力も高く、というスパイラルに突入すると。まさに矛盾。
そして戦車の中に何人配置するか、も難しいところで。人数は多くなるけども、指揮だけする人を入れておくと、闘いに参加しつつ指揮をする人よりも周囲の状況判断がしやすいとか。移動も砲撃も指揮者がいないと個別には判断が難しいとか。戦車の性能がよくなる(自動装填装置が導入される)と、人数は少なくていいけど、今度は戦闘以外の雑用の負担が(一人当たりの)高くなるとか。
自走砲と突撃砲と駆逐戦車は外見が似ているけど、所属する科(砲兵科とか戦車科とか)が違うので、別のものとして扱われているとか。うーん。なんかほんとに会社みたいだなあ。。組織ってどこでも同じなのかなあ。。

表紙の眼鏡っ娘が日本人なので、日本の戦車がいっぱい出てくるのかな?と思ったらほかの国に比べるとほとんど出てきませんでした。日本の軍事力というのはそういうレベルなのでしょうか。そんな初歩的な知識すら皆無な私ですが、そういう人にも面白い本でした!(萌えはしないけど!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

腐女子デカ……

先日深夜にやってたドラマなんですけど……。
腐女子デカ(公式サイト)

タイトルが気になって見てしまったのですが、数日たってからふつふつと何かが込み上げてきたので書いとく!
腐女子なめんなぁ!

高校のサッカー部で殺人事件が起きて、自称腐女子の刑事が捜査するんですけど、キャプテンで攻撃の要だから攻め、キーパーやDFだから受け、といきなり決めつけ。安直すぎ!キャプテン翼全巻読んでから出直してこいぃ!
そして「女だから」マネージャーが犯人とまたも決めつけ、そのままマネージャーも自白。動機が「殺してみたかったから」ってなんじゃそりゃ!

そして犯人が逮捕された直後にキャプテンとDFに向かって「で、結局どっちが攻め?」と聞く腐女子デカ。あんたデリカシーなさすぎ。っていうかそれ以前に本人にカップリングを聞くこと自体が間違っている!
限られた情報から自分自身の妄想力で説得力ある物語を作り上げるところが力の見せ所じゃろ!そこを放棄してどうするんだ!
……は!あたしったら何をこんなに興奮してるのかしら!

言いたかったのは、二話目は見ないぞ、ってことなんですけど……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01月18日のココロ日記(BlogPet)

まりやさんが好きな物はルピシアトランプっていうんですけど、そんなの売ってないですよぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

普通の家族がいちばん怖い

最近家族論とか社会学的なものにも興味があります。
これまた面白かった本。

Futunokazoku
普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓

日本の食卓、といっても日常的なものではなく、クリスマスやお正月といったイベント時に重点を置いて集められたアンケートと写真の分析です。
なにが怖いかというと、ここにあるちょっと極端な例までいかなくても、自分や自分の世代が確実にこういう考えをもっている、ということに気づいてしまうこと。
・クリスマスのイベントには気合を入れる(が、自分でチキンを焼いたりはしない)
・子供にはサンタを信じていてほしいので、そのための努力は惜しまない
・お正月は両方の実家に行くので御節は自分のうちでは作らない
・御節は作っても誰も食べないので作らないが、形だけは子供に見せておきたい
・御節やお雑煮の作り方を親に習ったことはない
・恵方巻のイベントには積極的(なぜなら楽しいし準備が楽だから)
・日本の伝統行事は子供に「見せて」おきたい(将来外国人に聞かれたときのために。でも行事や細かい風習の意味はよく知らない)
全部にあてはまるわけじゃないけど、そういえばそういう気分もあるなあ。。と思いませんか。
破滅というと言い過ぎだけど、こうやって少しずつ、文化は変わっていくんだなあと思ったり。

Kazokuwoireru
家族を容れるハコ 家族を超えるハコ

こちらは住宅からみた家族論。
建築家と社会学者が住宅について意見を戦わせるという構成が面白いです。
「個」の側に住宅の入り口をもってくる、という前衛的な間取りの話は興味深いところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その子育ては科学的に間違っています

またまた、最近読んだ本ー。

Sonokosodateha
その子育ては科学的に間違っています

この本はすごいです。今流行の育児法を真っ向から否定しています。
子供中心主義によって育てられた子供たちが、キレる子供になり、引きこもり、親になればモンスターペアレントになっていく可能性が高いということを、科学的、歴史的に証明しています。
子供に愛を与えるということは、ほしがるときにほしいだけ与えることではない。自由に、個性を伸ばすということは、社会性をなくすことではない。「自分に正直に」という最近のヒットソングによくあるメッセージは、自分の理性に正直に、ということであるはずなのに、自分の感情に正直に、というように都合よく受け止められているのではないか、などなど、気になることがいっぱいかかれています。
特に0~3歳の子供がいる人は一読した方がいいかもです。

子供中心主義の子育て法は、かなり猛威をふるっているので、真面目な人ほど真剣にやってしまいがちです。育児書や、育児雑誌も、母子手帳の記述にいたるまで、その考えに基づいて書かれているので、そうしなければダメな子になってしまう!という強迫観念に駆られます。自分もそうなんですけど。上の子は特に泣けばずっと抱っこ!とかがんばってしちゃってたんですよね。下の子は忙しくてかなり放置気味だったんですが、どっちの子に手がかかるかというと、上の子なんだなこれが。。二人目は手がかからないとはよく聞くセリフですが、けっこう関連性あるかもしれません。

逆に、最近読んだこちらの本はイマイチ期待はずれでした。

Oyano
親の品格

んー。当たり前のことをただそのまま言っているだけのような。
特に驚きはなし。です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01月11日のココロ日記(BlogPet)

今週のブログ妖精界でのヒットソングは「某のラブソング」みたいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

笑う介護。

最近読んでじーんとした本2冊。

Waraukaigo
笑う介護。

20代の会社員女子が、認知症の父とガンの母を介護する実話。後半では飼い犬の介護までしなくてはならなくなるという、どう形容していいのかわからないくらい悲壮な状況なんですが……。このお母さんがすごく前向きでいいキャラクターなんですよね。著者も大変な状況の中で笑えることを記録していこう、という気持ちが持てるのが素晴らしいです。いろんなサービスを使いながら、自分の夢もゲットしながら、長い介護マラソン生活をがんばってほしいと心から思える一冊。
イラストが「うちの3姉妹」の松本ぷりっつさんなので、ちょっと気が抜けた感じの雰囲気になってよいです。

Asitanokioku
明日の記憶

以前、映画にもなりましたよね。文庫が出るのを待ってました!
広告代理店でバリバリ働く主人公が若年性アルツハイマーを発症。だんだん自分の記憶や行動があやしくなっていく中、必死でそれに逆らおうと、誰もいない会議室で記憶のメモを作ったりしている姿は本当に読んでいて苦しいです。。
取引先の友達や部下、陶芸の先生。娘や娘婿など、周りの人とのエピソードがまたよいです。苦かったり、優しかったりいろんな思いがこみ上げてきます。圧巻はやはりラストシーンですね。ものすごい勢いで胸に迫るこの気持ちは……どう表現したらいいのか!
ぜひ、未読の皆さま、読んでみてください!!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

プリキュア6にんめ

あけましておめでとうございます。
2008年の初記事をココロに奪われました(汗)はわー。

年末年始はアニメ番組の放映がことごとくストップしてしまうのでみたいTVがありません。。
年末らしさを味わうために、紅白だけは見ようと思っていたのに、子供を風呂に入れて寝かしつけているうちにほとんど終わってました。最後の4曲だけかろうじて観られましたが、定番演歌だらけでうーん。さらに朝の5時まで下の子供が激しくぐずって絶叫。ほとんど一睡もできないまま元旦の朝を迎え。。

……さて、気を取り直してアニメの新番組でもチェックするか!絶望先生は決まりだけど、あとはナニを見るべきか。あとプリキュア5もGoGo!になるんだよね。と思って久々に公式サイトを見に行ったら、キャラが並んでる。総入れ替えにはならなかったみたい。ってこの人だれ!人数増えてますよ!

Yes!プリキュア5GoGo!

以前も書いた気がするけど、
2人→3人→4人→5人→6人
と順当に人数が増えてますね。来期もプリキュアが続投するとしたら「プリキュア7」になる。絶対。

ところで、地味に増えているけものがちょっと気になります。ペンギンみたいなやつ。
ココナッツミルクの次にナニがつながるのか。そしてイケメンには変身できるのか?(ここが一番重要)
期待して待つ!!

| | Comments (37) | TrackBack (0)

01月04日のココロ日記(BlogPet)

今日は冷える日ですね!まりやさんのお布団あたためておきますね♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »