« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

小1タイム

私が唯一読む育児漫画が「子供なんか大キライ! 」(完結済)なのですが、最近久々に番外編がでました。

Syouichitime
小1タイム

Yometime
嫁タイム

2冊同時発売。。しかし、迷わず買ってしまいました。

ケロちゃんがもう小学1年生とは。。時の流れを感じますね。
(おわ、リアルタイムではもう小学2年生??)
「子供なんか…」と同じく、うちも娘がふたり。さすがにひーちゃんほどではありませんが、育児にかなり協力的なだんなもいるし、子供が苦手で、一見適当そうでいて、結構真面目なメンタリティをもっているげなきみどりさんにもシンパシーを感じます。

そういえばきみどりさんはブログもやっているのですよね。ときどきウォッチしてまーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛でしか作ってません

以前、何かで紹介されているのを見て気になっていた本。読みました。

Aidesika
愛でしか作ってません

BL系最大手の出版社が倒産!BLへの愛と使命感、そしてBL出版界最大手のプライドから編集部ごと雑誌を買ってくれるよう、各出版社相手に奮闘する編集者たち(ALL腐女子)の青春ドラマです。
てかほぼ某ビブロスの実話だそうなんですが。。
(そういえば以前友達がビブロスで倒産まで働いてたことを思い出しました!ひょっとしてこの中の登場人物のモデルになってたり。。)

本の内容としては、BL編集部の内情や倒産時のあれこれがリアルで興味深いです。
BLに少女漫画から入ったか、少年漫画とアニメから入ったかで編集者によってもBLへの感性が違うのでバランスをとるようにしているとか。普通の出版社の編集と違って編集者自ら原稿も手伝えちゃうとか。

しかし文章はイマイチですねー。特に最後の方は展開も文体もぐだぐだしちゃっててちょっと残念です。小説内小説のBLも??な感じで。

まあしかし、BLに興味のある人にとって貴重な本であることは間違いありません。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

グレンラガン

仕事の打ち合わせでなぜかドリルの話になり、ゲッターの素晴らしさについて語りあってしまう。
すると先方さまから、「そんなにドリルがお好きなら、グレンラガンは見てますか?」と。
ああ、そういえばなんとなくドリル臭は感じていたのに、「グレンラガン」を見たことがない。
なぜかというと、「プリキュア5」の裏で同じ時間に放映しているからである!

プリキュアはHDに録画することが義務付けられているため、グレンラガンを見るには、リアルタイムでTVの前に座り、子供たちの妨害を防ぎながら、だんなの冷たい目に耐えながら見なくてはいけない。
しかし先生にオススメされて見ないわけにはいかん!!

というわけで必死になって見ました。先々週にちょびっと、先週末にようやく通しで見ることができましたー。
天元突破グレンラガン

おお、本当にドリルだ。ドリルだらけだ。
特に先々週のバトルはすごかった。いろんなドリルが小さいものから大きいものまで飛び交い、回転し、ぎゅいんぎゅいんしてました。
なんか演出もすごいですなぁ。。

そういえば主人公のシモンの声は柿原徹也さんなんですよね。
眞鍋かをりのTokyo Local」で以前、主役やるんですよ!と喜んでいらっしゃったのがこの「グレンラガン」。
あっという間に新人賞をとったり、最近は忙しくなって「Tokyo Local」に出演しなくなってしまわれましたね。ちょっとさみしい。と思ったら最新の回では久々に登場しているみたい。聞かなくては~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Never7

12RIVENの発売が待ち遠しくて、量子力学やなんやらに興味をもったり調べたりしているわけですが、いまだ発売日は未定、ということでこの期待感の持って行き場がない。。というわけで、INFINITYシリーズで唯一やっていなかった「Never7」をプレイ。

Never7
Never7 -the end of infinity-

大学のゼミ合宿にやってきた主人公は奇妙な夢を見る。合宿6日目の4/6に誰かが目の前で死んでしまう夢。次々と起こる出来事を予知しているかのように言い当ててしまう自分に驚く主人公。その力を使い、合宿7日目を無事に迎えられるように奔走するも。。

うむーやはり昔のゲームだけあってグラフィックや効果音が古い。。しかしやっぱりお話はドキドキさせてくれますね。ヒロイン4人を攻略したあと、最後にでてくるいづみさんの話の展開はすばらしい。
主人公騙し、強い願いで世界を変化させるあたりは「Ever17」でパーフェクトなものに仕上がるのですが、その根っこはここにあったんですね。ほえー。
いづみさんにはまだ見ていないバージョンのエンドもあるみたいなので、時間をみつけて埋めていきたいです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

デザイン変更~

ここ10日間ほど、いろんなことがあってブログ更新できず。。
具体的には子供&ダンナの熱が何日たっても下がらなかったり、携帯を水没→乾燥機で洗って完全に破壊したり、介護車が納車されたり、仕事が重なって忙しかったりと。

ようやく落ち着いたので、とりあえずデザイン変更。
ささきむつみさんのニューデザインです。
夏の泉
なんでも夜になるとデザインが変わるらしいので、よろしければ時間を変えて見にきてください。

しかし携帯の写真データがなくなったのはつらい。
せっかく撮影した写真で「プリキュア5ショー」のレポ書こうと思ってたのにー。ガクリ。
これから「プリキュア5ショー」に行く機会がある方は、キュアレモネードに注目です。
ひとりだけスパッツはいてないので、アクション時にぱんつが見えます(どこみてんだyo!)

ちなみにアドレスデータは前の携帯から吸い出して事なきを得ました。
常に以前の携帯はとっておくべきだと思いました。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

進路に影響を与える漫画

会社のお友達に「もやしもん」お借りして4巻まで読みました!

もやしもん

おもしろいーーー。
作者の方はブログもやってますね。
そんでもってこの秋アニメ化ですね。楽しみー。

内容も興味深いのですが、なんつーても菌がかわいすぎる。乳酸菌たんをとりいれるため、今朝もヨーグルトを摂取してまいりました。
きっと農大に行く人増えたんでしょうね、これで。絶対今学生だったら農大目指してますよ。。

そういえば、進路を誤らせる(いや、影響を与える)漫画って色々ありますよね。
ちょっとここで投票機能使ってみます。
よかったらぽちっと押してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絶望先生が動いてる~!!

アニメさよなら絶望先生始まりましたねー。気になってついリアルタイムで見てしまいました。
もー動いている絶望先生見るだけで感無量です。

なにやら久米田先生のぱらぱら漫画がアニメになってたり、藤田和日郎がちたんくんを描いてたりとサービス満点でしたね。
びっくりしたのは風浦可符香ちゃんが萌えキャラみたいになってたとこですかね。可愛いけど。
髪の毛の光の入れ方がカケ網になってたり、切り絵風影絵が入ったりと原作ムード満点で素敵でしたが、なんか黒板に頻繁に出てくる文字がちょっと。。読むのとセリフ聞くのを同時にやるの疲れました。あれはちょっとやめてほしいなー。。録画してみる人ターゲットにしてるんでしょうか?何度も見たり一時停止したりするのを念頭においているとしか思えません。。(てかこれ久米田先生が書いてるのですか!)
何度も見る時間がないので、元ネタwikiで補完するしか。。

でもなんかオリジナルエピソードもわりと面白いし、演出とか力を入れてるのが伝わってきたので、来週以降も見るぞ!と思いますた!

Zetubou1kan
さよなら絶望先生 第1集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七夕に

七夕に
保育所で小さい笹を配っていたので一本もらって家でも七夕飾りに挑戦。

子供が書いた短冊、何が書いてあるのかと思ったら『おはだつるつるになれますように』と……あなたは本当に四歳ですか?
私は美容に興味ありませんので私に影響されたわけではなかろう。
とよく考えたら、こないだのマイメロのエステの回が原因であることに気付く。わああ
子供がアニメから受ける影響ってすごいのね。。(汗)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「熱血!!コロコロ伝説」vol.2

大人のコロコロ「熱血!!コロコロ伝説」vol.2が出ましたね!
1979-1980、このへんモロに直撃世代なので買いましたよ!
「ゲームセンターあらし」「あさりちゃん」「金メダルマン」「アカンベー」「ザ・ゴリラ」「おじゃまユーレイくん」どれも懐かしいでス!

「とどろけ!一番」が入っていないのがちょっと悲しいですけど。。あとなんか釣り漫画ありましたよね。……と刊行スケジュールを見てみたら、そのへんは8/25発売のvol.3で読めるみたい。おお、そうだ、釣り漫画は「釣りバカ大将」だ。買わなくては。
vol.4の漫画に馴染みがないところからすると、1982年まででコロコロは卒業してジャンプに移行したんですな。(自分の歴史を変に再確認)

しかし今回のコロコロで一番ぐっと来たのが予想外に「ドラえもん」だったという事実。「パパは甘えん坊」はすごい。涙が自然に出てボロボロと止まりません。
子供の頃に読んでこれわかったかな。わかんなかったと思います。大人のコロコロを出した意味がここにあったのかなーと思うくらい衝撃を受けました。
子供をもった、かつての子供の皆さんに読んでほしい。親にもう頼れない環境の人が読むとさらに破壊力アップ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

yomyomを読む

久々に本屋に行ったら、「yomyom vol.3」が出ていたので思わず買ってしまいました。
本はやたら買うくせに文芸誌はほとんど買ったことなかったのですが。。やっぱり装丁の力ってすごいですね。あとはやっぱり気になる作家がずらりと並ぶラインナップがよかった!

……とか言いながら個人的には一番面白かったのが筒井康隆のインタビュー記事だったりします。
ベストセラーに並ぶ「ハルヒ」に対抗意識を燃やして、次はラノベ書くよ(偽名で)!といってる筒井先生!最高です!!ぜひ書いてほしい~。今頃は各社からオファーがいっているのだろうか?いってるんだろうな。

でも振り返ってみると、昔読んだ「時をかける少女」だって、あの時代的には立派なラノベです。
学園モノで。SFで。青春で。恋愛で……ってよく考えたらハルヒと要素は一緒じゃん!
ジュニア小説でしたっけ、当時の呼び名は。。
ラノベはいつ、どこからラノベになったんですかね?とか妙なことが気になってきました。

気になったので調べてみました。。定義は諸説あるらしいです。
ライトノベル -wikipedia-
ラノベの語源がフォーラムにあったというのは知らなかった。びっくり。十数年前だったら、文学系のフォーラムは読んでいたのだが。。
極論では源氏物語もラノベ、というのに吹いた。ほんとに難しいデスね!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »