« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

電車の中で

電車の中で何してる?という「トラックバック野郎」のお題に答えてみます。
活字中毒者としては読書に決まってるわけですけどね!
本が切れると大変なことになるので、読んでいる本のページの残りが半分をきった瞬間から2冊目を持ち歩きます。

それでも読み終わってしまった場合、もしくはラッシュで本が開けなかった場合、ひたすら車内吊の広告を読みます。
ある日、駅に止まる度に別のドアに移って、次々と違う広告を読み続けている自分に気づいた瞬間、本当に病気かも。。と思いました。

なので、なるべくラッシュ時はポッドキャスティングにしています。「にじいき」は1時間くらいあるので通勤によいです。時々名言もあるし!(あれっいつの間にか公式ページがライブドアブログになってる?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんな『キャプテン翼』だった

ニュースに出ていたので知ったのですが、これ行きたいですにゃー。

日本サッカーミュージアム特別企画 みんな『キャプテン翼』だった

場所はこちら。メモメモ。

リアルなサッカーファンなら、
・B-Zone 「TSUBASA×World Wide Player」【「キャプテン翼」への著名プレイヤーからのメッセージ】

というのが気になるところでしょうが、原作にしか興味のない私としてはここが見たい。
・C-Zone 「TSUBASA Library」【「キャプテン翼」と名場面を作った思い出の品々】

「ちょうせん状ボール」 若林くんファンとしては外せません。
「通常の3倍の重さがあるサッカーボール」……何か中に入れて作るのかなー。
「松山君のハチマキ」これ自作しようかと思いましたよ、昔。

行きたいけど、サッカーファンの中でひとりオタクがハアハアしてたら浮きそうですな。グブッ

| | Comments (5) | TrackBack (1)

ソノラマ文庫

朝日ソノラマ社が廃業したそうでびっくり。私にとってはソノラマ文庫の会社というイメージですが……。関連してソノシートの事とかも久しぶりに思い出しました。職場の中でも知らない人がいて世代間の差を感じたり。

ソノラマ文庫ではまったのはなんといっても『クラッシャージョウ』ですねー。安彦さんの美麗なイラストと高千穂さんのSF風味なストーリーが!高千穂さんつながりでダーティペアも読みまくり(こちらはソノラマに非ずですが)堅いSFとも文学作品とも違う世界に興奮したものです。いわゆるラノベの初期の時代ですね。

今でも自分の本棚に健在なソノラマ文庫は『真デビルマン』のみとなりましたが、あの頃のトキメキを思い出しました。
ありがとう、ソノラマ文庫!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

シナモンの塔

シナモンの塔
いきなりピューロランドであります。
先週ディズニーランド行ったばかりだというのに…テーマパーク行き過ぎ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

しあわせ

よく考えたら6時半に朝ごはん食べてから14時間ほぼ何も食べていません。
なのにこのしあわせ感は何!
二次元は無からエネルギーを引き出す永久機関であります。
若かりし日もそうであった事を思い出しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本好きターゲットのサービス

Amazonが気になるサービスを出してきましたねー

Amazon プライム
年会費3,900円を払うと、送料がすべて無料。お急ぎ便も無料。
ほしいときにほしい本を何も(1500円まであと何冊、とか。全部そろうまで配送できない?とか)考えずに注文できる!これは便利かもー。
後は年会費との費用対効果を考えると、はたしてどうかなー?というところ。

あと、こっちも前から気になっているのですが。。

コミかる(ネットオフ)
こちらは宅配コミックレンタルサービス。
月額980円+1冊126円で借りられるのです。お届けと返却の送料は無料。
本やマンガをいっぱい買っても、結局本棚に入りきらず定期的にまとめて売っているわけで、それを考えると同じことなのかも。と思います。
月額の固定費のもとを取れるくらい読めればこれもアリですねー。
んー。もうちょっと時間ができたら入会したい!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

メガてりやき様

保育所帰りに自転車のストッパーを壊された。バネが2本ともなくなっていて、ストッパーが下がるけど上がらないのでがりがり引きずってあぶない。子供たちと荷物を積んで乗った瞬間気付き、危機一髪!
とても徒歩で帰れる距離じゃないので、そのまま自転車屋に直行。
修理中にマックで待ちながら、怒りのあまりメガてりやき食べてます。はふー

メガてりやき様

てりやき好きなので、かなりいけます。2つでもいけそうです。
(携帯変えたらモブログの写真が大きくなった。びっくり)
甘いメガてりやき様と、自転車屋のおじさんがとってもいい人で、あたたかいキモチになりました。ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ本メモ

最近マンガにばかり感動しているのでそんな記事が続いていますが、実は本も読んでます。
ここ1~2週間で読んだ本からオススメ本を。

竜馬がゆく〈8〉
すばらしかった。真のエンターテインメント。
次は「翔ぶが如く」にチャレンジします。

オタク論!
なんだかんだいって岡田さんの本好きなのかも。つい買ってしまう。
腐女子についての回が興味深かった。女子のヲタは男子のヲタより世間体を気にする。そのとおりですわ。。

人生の教科書 よのなかのルール
子供が中高生になったら読ませたいかも。でもその頃にはまた世の中のルール変わってるかも。

わかる相対性理論
次元を超えるためには、まずは相対性理論の理解から!
……数式は飛ばしてよみました。とにかく相対的であるってことがわかりました。。

堀田力の「おごるな上司!」
上司に怒っているのではなく、上司自身の自戒を籠めた書ですよ。よいことがたくさん書いてありました。人の自己評価は2割増しである、とか。

量子力学的世界像
昔の本なので文体がシブくて面白いです。三百代言、とかもう聞かないですよね。光子の裁判が面白かった!最終章は理解を超えました。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

健康診断

うちの会社では誕生月に各種健康診断をやってくれるので、早速受けてきました。婦人科検診も加わったのでかなりハード。。これを毎年やるんか。。

しかし、超音波やレントゲンとかやっているときに医者の手がぴくりと止まるとドキッとしますね。
通常なら「あ、何か病気がみつかった?」と感じるのかなと思われるのですが、私の場合「あ、とうとう人間じゃないことがばれた?」と感じるのです。

まちがいなく人間なはずなんですけど。
おかしいですよね。

でも。そう思う方、ほかにいませんか……?

| | Comments (9) | TrackBack (0)

夕凪の街 桜の国

2年くらい前から買おうかどうか迷っていたのですが、とうとう買って会社帰りに読みました。
このページ数でこの値段?というのが躊躇の理由だったのですが、そんなことで二の足を踏んでいた過去の私に今すぐ買え!と言いたい。

Yunagi
夕凪の街桜の国

これはすごい。
ホワンと優しい絵柄、良い人尽くしの登場人物。なのに胸の奥が痛くなるほどつらい。
愛とか平和とか、こう文字にしてしまうとなんだか安っぽくなってしまうのですが、その本質がここにあるのです。
人物の表情、仕草、小物にいたるまで神経が行き届いていて、何度読んでも新しい気づきがあります。近くて遠い、優しくてつらい物語。
永遠に本棚に置いて何度も読み返すべき一冊。

今年の夏、田中麗奈主演で映画になるのですね。

映画『夕凪の街 桜の国』OFFICIAL SITE
ブログもあるみたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ジャムジャムジャム!

ジャムジャムジャム!
何故かたくさんいただいてしまいました!どれから食べたらいいのか迷います〜。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青春うるはし!うるし部

また会社のお友達に不思議な漫画をお借りしました。ありがとうございます。

Urushi
青春うるはし!うるし部

なぜうるし部なのか、なぜこんな絵柄なのか、なぜこんな展開なのか。どこに突っ込んでいいのかわからないのですがすごかったです。(ぼろぞうきん先生……?山犬の子……?そして世界征服!)
漫画の内容がかなりキているのとは裏腹に、やたら漆の解説が細かいのですが、作者の人は漆の仕事に13年関わっていたとか。納得です。

漆の器をひとつ作るまでの長い工程を考えると、毎日食洗器に漆の器を突っ込んで洗っていることを反省しました。(ほんとはやってはいけません。だんだんはげてきます!)

いやーしかし漫画の本質は絵柄じゃないですね。スピリットですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »