« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

グロテスクを読む

わりと前から文庫化されるのを待ってました。読みたいんだけど、単行本として書棚に置いておくには重いというか。うーん。

Gurotesuku
グロテスク

昼は一流会社で働き、夜は娼婦をしていたOLの殺人事件。実在の事件がモチーフになってはいるんですが、読み始めてみると、もうそれとはかけ離れた桐野夏生ワールドに入り込んでしまいますね。事件そのものよりも、そこに至るまでのそれぞれの人間の生き方が、これでもかというくらい描かれていて。リアルで圧倒されます。

「一番にならなければいけない」「努力すれば望みはかなう」至極まっとうなメッセージを受けてきた一人の主人公がそれの通用しない世界で壊れていってしまうところは本当に悲しいというか、わりと多くの人が他人事ではないと感じるんではないかと思います。

最後の方は、もはや怪物と化した女と男が、精神力と生命力を費やして向き合う「OUT」のラストを彷彿とさせました。なんというか。汚れの極致に居るのに崇高さすら感じられるのです。救われていないのに、爽快感を覚えるのです。なんとも不思議な感じ。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

カワイイ

カワイイ

梨を食べようと思ったら、キズが顔のようで食べるのがかわいそうな気分に。
でも食べた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

貴志祐介にはまる

突然ですが、貴志祐介にはまってしまいました。

黒い家」を昔読んだときは、怖い。。と思っただけだったのですが、最近になって「青の炎」で改めて貴志作品の魅力にハマり「クリムゾンの迷宮」でどっぷり。さかのぼって「十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA」 を読みましたが、これも良かったです!

どれも怖いのにストーリーに引きずり込まれて途中でやめられない。読み終わった後も、軽く一晩は続く恐怖の残滓。
なんというか、ただのホラーでなく、人の哀しさや根源的な恐怖をついてくるんですよね。そのへん自分ツボなんです。

あと「青の炎」では【山月記】「ISOLA」では【吉備津の釜】と古典からの引用がストーリーの根底に違和感なく流れていて、主人公の心情と響きあっているのがイイのです。たまらん。

次は「天使の囀り」「硝子のハンマー」と進む予定。作品数が少ないので、すぐ読み終わってしまいそうです。勿体無いので少しずつ読みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キッザニア

雑誌の記事で見かけて、ちょっと気になっているのが、10/5に豊洲にオープンする「キッザニア」という施設。

キッザニア(オフィシャルサイト)

子供たちがなりたい仕事にチャレンジして、楽しみながら社会の仕組みを学べるエデュテインメントタウン、というもの。70種類以上の職業になりきって遊べて、給料(独自の通貨)が支払われるそう。
もともとメキシコでオープンした施設が日本初上陸、ということです。なんか実際の企業がスポンサーになったりするそうで(日本バージョンでもそうなのかはわかりませんが)、本格的な体験ができそう。

うむむ。自分がやってみたい。勤めてみたいのは、お菓子工場、警察署、住宅建築現場、ラジオ局、新聞社などなど。小学生くらいでいろいろやってみると、将来の職業の適性考えるときにちっとは役立つかもですね。

うちの子供たちはまだチイチイパッパすぎて料金分楽しめないかも。もうちょっと大きくなったら行ってみます。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

治療塔

実家にあった大江健三郎の「治療塔」を読みました。

21世紀、荒廃した地球で、人類は「選ばれた者」だけを大量に乗せた宇宙船を作り、新しい地球を目指した。その船が突然10年ぶりに地球に帰ってくることになる。「落ちこぼれ」として残された人々は複雑な思いで彼らの帰還を待って。。

本格近未来SF!と銘打たれていますが、読んでみると、これを本格SFというのはちょっと違うんじゃないじゃろか。。と思います。舞台設定はSFぽいですが、非常に観念的な話のようで。
話の中にヒカリさんという老人が出てきますが、これはそのまま息子さんがモデルですよね。

大学時代には大江作品をいくらか読んだんですけど、しばらく遠ざかっていたので久々にこの独特の文体にふれて懐かしかったです。
登場人物のおばあさんの台詞がなぜか常に「~ですが!」という語尾なんですが、そういえば「同時代ゲーム」にもしょっちゅうこの喋り方出てきました。著者の故郷(四国)の方言なんでしょうか?

どうやらこのシリーズ、続きもあるらしい。。
治療塔惑星
どうも絶版のようですが。。そのうち入手して読んでみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風直撃

台風直撃

昨日の飛行機で羽田に着くはずが全面欠航で飛ばず。振替の申し込みをしようと思ったら電話も混み合って繋がらず。会員専用ダイヤルでも一時間以上電話口で待たされた……。
しかし今回の台風は凄すぎ。窓ガラスはしなって割れそうになるし、風を完全に遮断してるのにうちの中の襖が鳴る鳴る。短い停電も何回か。
一晩明けてみたら、マンション入り口のシンボルツリーが根っこから引き抜かれて薙ぎ倒されていました。ひー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふたつのトイレ

また福岡に親の看護にきております。
1ヶ月前の欝真っ只中の頃より少し精神的に回復しているようでちょっと安心。
気管切開してから話が一切できなくなっていたのですが、昨日からスピーチバルブというものを入れて、数分間なら声が出せるように。(痰が極度に出る副作用がありますが。。)
2,3人の人手がいりますが、車椅子でトイレに行けるようにもなりました。

そう、リハビリ病院で驚いたのが、トイレです。2つ並んでいるトイレがありまして。これが男女別でも和洋別でもないんです。なんと右麻痺用と左麻痺用で分かれているのです。手すりやトイレの位置が違うのですね。わかってみるとなるほど。。という感じですが、ちょっとしたカルチャーショックでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女子のタイプは7タイプ

下流社会」の三浦展の「上流な私? 下流な私? 」を読む。
Zyoryukaryu
上流な私? 下流な私?

現代女性の意識調査を元に書かれていて、豊富なデータ分析が面白いです。
個人的に「中流志向の人が減るとコンビニがつぶれる?」というのが興味深かったですねー。上流志向の人はコンビニよりも、品揃えのよい高級スーパーに行くし、下流志向の人は定価販売のコンビニには行かず、ディスカウントストアで同じものを買う、というところ、確かにそうかも。。と思わされました。

そして一番面白いのが現代女性のタイプを7タイプに分けているところ。
(人生エンジョイ系・きちんとお嬢さん系・オンナ追求系・インテリ自己実現系・平凡安定系・堅実コツコツ系・脱力マイペース系)
最近、女子の好きそうなものに興味がなかったり、家庭と仕事の意識配分が他の人と比べて偏っていたりと、自分女子としてどこかおかしいのでは?と軽く悩みを抱えていたのですが、この7タイプの中に、かなり近いタイプが入っていたのでなんか安心しました。(女子では一番少ないタイプらしいけど……)
ブログを書くのが好き、漫画やアニメが好き、いわゆるブランドには興味がない、連れ立ってトイレみたいに群れるのが苦手、やりがいのある仕事を求める、インテリアやデザインが好き、世の中や会社を変えたいと思う、勉強も意外と好き等々、いくつか当てはまるアナタはたぶん私と同じタイプですー。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

海日和

海日和

自転車で海へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリムゾンの迷宮

もう20年以上前の存在かもですが、ゲームブックやってましたか?
小説の途中に出てくる選択肢によって進む先のページが変わり、話の展開も変わっていくスタイルの本です。電子ゲームが流行すると廃れてしまいましたが。
ゲームブック好きだった方にはぜひオススメしたい「クリムゾンの迷宮」。この本自体はゲームブックではないのですが、そのテイストが味わえます。

Kuimuzon
クリムゾンの迷宮

気がつくと火星のような土地にいた男女9人。持ち物は限られた食料と携帯ゲーム機だけ。チェックポイントに行くとゲーム機に示される選択肢。。どちらに進むのか、人と対立するか、協力するのかも自分の選択次第。次第にゲームの勝利者となり家に帰ることができるのはひとりだけということがわかってくる。。
要するにバトロワと同じ「今から君たちには殺し合いをしてもらいまーす」というゼロサムゲームなのですが。個人の知力体力精神力とかよりも、選択肢の選び方でその後の運命が決まっていくという無慈悲さ加減が、まさにゲームブックなのです。

寝る前にさわりだけ、と思って読み始めたら止まらず、最後まで読み終えてしまいました。その後も恐怖と興奮でなかなか寝られず。短い眠りの中でクリムゾン色の夢を見ました。。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

オタク・イン・USA

Otainusa
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史

職場の先輩にお借りしました。面白かったです!
アメリカの人々がどのように日本漫画やアニメにふれていったのか、アメリカに受け入れられるためにどういう改変(一部改悪)がなされていったのか。そして原典を求めてよりオタク度を深めていった一部のアメリカンオタクたちの生き様などなど。

いやー、しかし現代の日本に生まれてよかった。たぶんアメリカにいたら、フットボール選手とチアガールに憧れるのが健全な世の中で、完全にはみ出し物になり、やはり日本のアニメに癒しを求めていったりしていたかも?言葉の壁もなく、日本のオタ文化にはまることのできる幸せを改めて感じました。(そんなところに日本の良さを感じてどうする……)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カンパンパーティー

カンパンパーティー

防災に目覚め、ストックしていた非常食を入れ換えるべく、まずは食す。
カンパンに各種チーズ、ワインにチキンをあわせて頂く。いけてます。
非常の場合にこんな贅沢なことはできませんが……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青の炎と月

評判にさそわれて読む。以前映画にもなりましたね。
Aonohono
青の炎

今読むと主人公がデスノの夜神月に似てる。ってデスノの方が後だけども。
人の害にしかならない人間は削除されても仕方がない、というある意味正義の考えにのっとって殺人を犯してしまう主人公。
沈着冷静、頭脳明晰で、犯罪が露見しないよう周到な計画を立てて実行するところ。(あえて監視カメラの前でカムフラージュして犯罪を行うところも!)話術に巧みで、人の行動や感情を意のままに操っていくところ。一転して警察の追及を受けるところ。。
おそらく、デスノ好きな人でしたら好きなんじゃないかな、と思います。
そうでなくても一読の価値ありです。ノンストップで読んでしまうこと請け合い。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »