« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

ポッドキャストに挑戦

眞鍋かをりのポッドキャスト番組がはじまりましたねー。
眞鍋かをりのポッドキャスト Tokyo Local

実は自分のiPodでポッドキャスティングというものを今までしたことなかったので、これを機会に初挑戦!しました。どうやるのかと思ったけどバナーをiTunesにドロップするだけなんですね。簡単ですねー。

通勤中の電車の中で聞いてみたのですが、CMが入ったり、ゆるゆるトークが続いたりとなんかほんとラジオみたいです。音楽にあきたときとか寂しいときはいいかも。
しかしちょっとゆるすぎるので、今後はいつものブログみたいに爆笑ネタも入れてほしい。電車の中で笑う変な人になっちゃうかもしれないけど。

第2回は萌え喫茶ネタでちょっと面白かったー。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

疾走

疾走を読む。
Shissou

重松清のいつもの作風と違うので、ちょっと戸惑いました。かなりヘビーで暗い話なので鬱方向に引きずられたりもして。。

15歳の少年が疾走する人生のお話。
全体を通じてコンプレックスが鍵のような気もします。母の愛情を兄にとられたコンプレックスを感じる少年。優秀だっただけに挫折して激しい劣等感に苛まれる兄。性的コンプレックスを歪んだ形で噴出させるやくざの男。などなど。これらが絡み合ってストーリーをマイナス方向に展開させていくような。
暗いトンネルにも似た少年の人生が終わるとき、光に満ちたラストシーンが現れます。まるで長いレースが終わってゴールに飛び込んだときのような安堵感と脱力感。

疲れているときにはお勧めしませんが、読んで損はしません。
映画は見逃しました。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

波の上で踊りたい

波のうえの魔術師を読む。
Naminoue

数年前のドラマ「ビッグマネー」の原作にもなった小説です。このドラマの出来が素晴らしかったので、前から小説の方も読んでみたい。。と思っていたのですが、ようやく読めました!(遅すぎ)
ちなみに「波」とは相場の波のこと。株の数字の波を操ることで個人が大企業に戦いを仕掛けていくというワクワク感。読んでいると株はじめたくなりますねぇ。元手が大きくないと儲けもないわけですが……。

ドラマの方の見所は銀行のエリート役の原田泰造。芸人と思えない演技力と存在感がありました。見てない方も機会があればぜひ。
ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~

| | Comments (935) | TrackBack (0)

雑誌風メモ帳

雑誌風メモ帳
メモ帳なのですが、縦横に紐がけしてあって付録まで挟み込んであって、見かけはちっちゃい雑誌!かわいすぎる!!あまりにも熱烈に見つめていたら恐れをなした持ち主が1冊くれました。ありがとうございます(汗)
この十字の紐がポイントなのかなー。好きな雑誌を手にするときのあのワクワク感があふれてくるのは。

小学五年生って既存の雑誌名を名乗っていいのか?と思ったのですが、このキャラクター(トホホな犬)ってサンエックスと小学館が共同開発したものなんですね。調べて納得。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鉄製鍵盤のピアノ

日曜の夜中、自宅に帰ってたまった家事を片付けつつ、録画しておいたリンかけ日米決戦を鑑賞。最愛の河井さんとミズ・シャネル戦なので見逃すわけにはいかん。

いきなり現れた河井家の開かずの部屋!置かれた鉄製鍵盤のピアノ!代々このピアノでピアニストを輩出した河井家の秘密!なにこのオリジナル展開!!原作にも増してぶっとびすぎです。
この二週間で初めて心の底から笑いました。……ありがとうリンかけ。
鉄の鍵盤で練習してピアノが上手になるとは思えませんが。。そしてボクシングが上手になるとはもっと思えませんが。

学生時代、グリッサンドを練習していて鍵盤を血だらけにした人の話を聞いて、私もそのくらいがんばろうとおもってピアノを引き続けたことがあるのは秘密です。しかし連日7、8時間弾いたところで鍵盤に血はにじみませんでした。河井さんはいったいどんなにたくさん弾いたのか。。。(っていうか、フィクションだから!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

介護ドミノ

介護に行った自分がなぞの吐き気でダウン。他の家族も片目が見えなくなったり帯状疱疹になったりと次々に倒れ、これが噂の介護ドミノか。。と悟りました。無理はいけません。何事も。
病状は三歩進んで二歩戻る、という遅々とした歩みですが、少しずつ回復してきているみたいで、リハビリや将来について考える余裕が出てきました。
今まで育児関係にしか目が向かなかったけど、今回のことで介護・福祉分野にも目が開かれました。意外と福祉の分野ってまだまだ保障が充実してるとは言いがたいのですねー。勉強せねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新ストップ中

GWの終わりに母が倒れて入院し、看病のため九州と東京を往復する日々がはじまりました。
とにかく今心身に余裕がないので、しばらく更新がストップすると思いますがご心配なく。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

IKEAリベンジ

IKEAに再度行ってきました。
今度は電車で開店直後に行ったせいか、スムーズに入れました!まあ、中は混んでたけど。。

IKEA流の家具の展示の仕方が面白かったです。日本の住宅事情にあわせてか、狭い空間に区切ったモデルルームのような感じの部屋がいくつも並んでいて、この部屋フルセットでおいくら、みたいな値段まで書いてある。それがまたむちゃくちゃ安いんです。。ここに来ると家のインテリアを総とっかえしたくなる、という噂は本当だった。来年の引越しのときには新しい家具をここでそろえちゃおうかなぁ。。とか思いながらぐるぐる。

最後は倉庫から自分でパッキングされた家具をとってきてレジに並ぶわけですが、この倉庫がまた圧巻。
天井までうず高く在庫が積まれた様子はコストコみたいですが、それより規模が巨大。上の方の商品どうやって下ろすの?とポカーンとしてしまいました。(なんか専用の機械がありました)
コストコと似てると思ったのは外国人のお客さんが多いところも。どこからやってくるのか?

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« April 2006 | Main | June 2006 »